毎日のケアが大切

2016年6月10日 / 未分類

インプラントとクラウンがどうちがうかと言うと、義歯が自分の歯根に支えられているかどうかです。虫歯などで、歯の損傷が激しくても、歯根部が損なわれていなければ上からすっぽりとクラウンをかぶせる治療ができます。

これに対し、抜歯した後は、もし、入れ歯を採用しない場合、義歯の土台として人工歯根をあごの骨に埋入すると言うインプラント治療が候補となります。

歯科治療の一環として、インプラント治療も失敗をゼロにすることはできません。

インプラント治療から起こりうる問題として、人工歯根があごの骨に定着せず脱け落ちてしまう、力をかけたことで人工歯根や義歯が破損するといった人工歯そのものの問題、細菌感染やアレルギー等によってあごの骨が腫れる、痛むといった身体的問題、手術によって、あるいは術後の炎症によってあごのラインが変わってしまうといった見た目を損なってしまう問題もあります。失敗の可能性を少しでも下げるためにデータや口コミを集め、実績のある歯科医にかかりましょう。
インプラント埋入手術は局所麻酔がほとんどなのでかなりの痛さを想像してしまうでしょう。

どこの歯科医の手術でも、大して痛くないのが普通です。切り開くあごをまんなかに、麻酔を十分効かせて手術の本番に入るためです。術後、腫れがでるのに伴って痛みが出てくるケースもありますが、化膿止めと供に、痛み止めも処方されていますので耐えがたいような激しい痛みが続くことはまずないでしょう。完全に歯がなくなってしまった部位にも使えるのがインプラントです。
しかし、気に留めておくべきポイントがあります。
それは何より、インプラント治療をうけることができないケースもあることです。インプラント手術では、まず顎の骨に穴を開けて人工歯根を埋め込む必要があります。

糖尿病や心臓病を抱えていて免疫力・抵抗力に難のある方や、顎の骨の強度に問題があったり、既に骨がなくなっているなどの方も、歯科医院でインプラント治療の適用は不可能と判断されてしまう可能性は高いといえます。注意してください。インプラント治療は多くのケースでとても有効ですが、それと裏腹のデメリットもあります。

最大のデメリットは費用が高額になることです。

難しいケースでは数十万円かかることもあり得ます。

また、治療の失敗内容によっては健康被害が起きると、かなり深刻化すると言うのも、デメリットの一つです。本当に深刻な例では、手術後の死亡例もあります。
重要な確認事項として、インプラント治療を始める前にインプラント埋入にあごの骨が耐えられるかどうか知る必要があります。
とり訳、歯周病や顎関節症がある場合、治療を始める前にあごの骨の状態を完璧にするために、その病気を完治指せるのがとても大事です。さらに、美容整形をうけてあごの骨を削った患者さんも治療が事故に繋がる可能性があります。もちろん、こうした既往症があるだけでインプラント治療ができない訳ではないためきちんと歯科医に相談することが大事です。

フェイスブックでお見合い

インプラントは決して虫歯になりませんが、お手入れなしで長持ちすると思ったら大エラーです。特に人工歯根に異変があったら、すぐに診て貰わなくてはなりません。

歯茎と歯根の間に細菌感染が起これば歯周病で、インプラントを維持できなくなることが考えられます。

残っている自分の歯と同じく、歯科医に指示されたブラシなどがあればそれも使い、毎日のセルフケアを怠らないことが大切です。

その上で、定期的に歯科医院でメンテナンスをしてもらえば完璧です。喫煙によって、インプラント治療が影響をうける可能性はかなり大きいと言うべきでしょう。インプラント治療には数ヶ月、あるいはそれ以上かかる覚悟をしなければなりませんが、人工歯根の周りに組織が形成され、自分の歯のように安定することが治療成功の絶対条件となります。組織の形成や血液循環に対し、ニコチンや一酸化炭素などは確実にマイナスの作用があります。
インプラント治療を順調に終えようとするなら、思い切って、治療が終わるまでの間はがんばって禁煙に励みましょう。

コメントは受け付けていません。

TOPへ戻る